ボディカラーリング/スプレータンニング/エアブラシタンニング

もっとも安全で手軽にブロンズ肌を手に入れる方法として、海外の多くのセレブリティーが愛用するエアブラシタンニング。
一回のエアブラシタンニングで約一週間ほどブロンズ肌が持続します。
※ボディカラーリングの仕上がり、持続日数は個人差があります。

ボディカラーリング/スプレータンニング/エアブラシタンニングって何?

ボディカラーリング/スプレータンニング/エアブラシタンニング ボディカラーリングは、エアブラシで塗布していくリキッドに含まれているDHAが、表皮角質のアミノ酸に働きかけお肌をブロンズ色にしていきます。 紫外線による日焼けとは違い、メラニン生成を伴わないので、シミ、ソバカスの心配はありません。お肌のターンオーバーによって古い角質が剥がれ落ちると、もとの肌の色にもどります。
カラーメニュー

Ho’meボディカラーリングのリキッドはコエンザイムQ10、ビタミンE配合でお肌に優しく、仕上がりのお好みで4色のから選ぶことができます。

カラーサンプル
ボディカラーリング/スプレータンニング/エアブラシタンニング イメージ画像

ボディーカラーリング/スプレータンニング メニュー

ボディカラーリング
【全身1回】

ハワイアン

7,000yen

ブラジリアン

10,000yen

ジャマイカン(NEW)

12,000yen

透明感と艶のあるグラマラスなブロンズ肌をお試しください。※色味によって値段が変わります。NEW!!よりダークな色味ジャマイカンが増えました。ボディビルコンペティションやタヒチアンダンスなど濃い発色を求める方にオススメです
ボディカラーリング
【全身2回Set】

ハワイアン

12,000yen

ブラジリアン

18,000yen

ジャマイカン(NEW)

22,000yen

ブロンズ肌をより長くキープされたい方のためのお得な2回Setコース。
1回目カラーリングから24時間~48時間以内に再度カラーリングすることで、より持続力がアップします。また、2回続けてカラーリングすることで、より深みのあるブロンズ肌をつくることができます。
ボディカラーリング
【各部位】
3,000yen~ 足だけうっすら小麦色に、デコルテ+腕のみ、など各パーツごとのカラーリングも可能です。

スペシャルケア

背中WAX脱毛 6,300yen 細かいうぶ毛や古い角質も一緒に取り除くことができるので、ざらつきのないなめらかなお肌を手に入れることができます。自分では見えない背中のムダ毛は意外と人から見えています。水着や背中が開いた洋服を着る時におすすめです。
ボディカラーリング

背中WAX脱毛
11,000yen ボディカラーリング全身1回と背中WAX脱毛のお得なSet金額です。※ワックス脱毛とカラーリングは同時にできないため、あらかじめワックスのみでのご来店をお願いしております。

ブラジリアンサンライズを使用した場合は14,000円 ジャマイカンを使用した場合は16,000yen

カラーリング時のケアについて

  • 前日にスクラブやボディタオルなどで膝、くるぶし、足先、肘などの古い角質を落としておいて下さい。古い角質が残っているとその部分の色が濃く出てしまったり、色持ちが短くなったりすることがあります。
  • ボディローション、ボディクリーム、ボディオイルはリキッドの浸透を妨げますので、当日、カラーリング前のご使用をお控え下さい。
  • 顔のカラーリングをご希望の方は可能でしたらノーメイクでお越しください。カラーリング後は色が定着するまでお化粧をすることができません。またお帰りの際、マスク、眼鏡、サングラスなどがご着用いただけませんのでご注意ください。
  • カラーリング後6時間ほどで色が定着しますが、定着するまでは水との接触、入浴、汗をかくスポーツなどを避けてください。
  • カラーリング当日の夜(カラーリング後12時間)は入浴を避けていただくとより色が定着しやすくなります。
  • カラーリング当日は、ゆったりしたお洋服をご着用ください。ストッキング、タイツ、スキニーデニムなどタイトな衣服の着用は避けてください。
  • 水着をご持参いただくとお好きなタンニングラインでのカラーリングが可能です。使い捨ての紙ショーツもございますので、お気軽にお問い合わせください。
  • 翌日以降はボディローション、ボディクリーム、ボディミルクなどで保湿していただくと、より長く綺麗なカラーリングを維持していだくことができます。
  • カラーリング後シャワーを浴びるまでの間にレザー製品に触れるとレザーが染まります。車のシート、ご自宅の椅子、おカバンなどご注意ください。車でお越しの際、腕や足などが露出するお洋服をご着用される方はバスタオルなど座席のシートをカバーできるものをお持ちいただくことをおすすめします。

         

コメントは受け付けていません。